二重をゲットして憧れのパッチリEYE〜なりたい自分へ変身〜

より高い持続性

両手で顔を覆う

よりパッチリとした二重を長く維持したいのであれば、市販のアイテムを利用するよりも美容整形の手術を受ける方が持続性は高いと言えます。中でも埋没法は特に利用される術法ですが、腫れぼったい一重の人や、目力が弱い人など、特定のケースに関しては短期間で一重に戻ってしまう可能性か高くなります。しかし、埋没法とは別の方法で二重を形成した場合、持続力はもちろん二重の線や見栄えも良い状態を維持する事ができるのです。それが切開法で、その名の通り瞼を切開して二重を形成する方法になります。切開法はメスを使用するため埋没法よりもリスクは高くなりますが、一重に戻る可能性はなく、いつまでもハッキリした瞳をキープすることが可能です。埋没法では一重に戻る可能性の高い腫れぼったい瞼の方でも、しっかりとした二重の線を手に入れることができます。切開法は瞼の形状に関わらず様々な幅に対応できるので、理想の二重幅を実現したいという方には最適の方法です。しかし人によっては埋没法が適しているといった場合もあるので、まずは医師とよく相談してみると良いでしょう。

くっきりとした二重を半永久的に持続させることが出来る切開法は、メスで瞼を切開し、余分な皮膚を切除して縫合をすることで瞼の線をつくる方法です。切開法には全切開と部分切開があり、瞼の形や希望の線などで方法を選択することが出来ます。全切開は年齢を重ねたことで垂れ下がってしまった瞼にも効果的であるため、中年層から高齢の方にも適しています。瞼の厚い一重にもしっかりと二重の線をつけることができるため、どんなケースにも対応している方法であると言えます。部分切開は埋没法の効果がなくなってしまった場合などに効果的です。全切開とは異なり、目尻付近の一部のみを切開することで二重を形成することが可能で、より傷跡を残さない術法として人気です。しかし全切開より瞼の線は薄くなります。より線がハッキリした二重を求める方は全切開、埋没法の後に再び二重手術を受ける方は部分切開というような方法が一般的です。それぞれかかる費用は異なりますし、術後の経過もバラつきがあります。事前にそれぞれの特徴などをよく把握しておくことが大切です。

埋没法より二重の持続性に優れているほか見栄えの良さも評価されている切開法ですが、もちろんリスクやデメリットも持っています。切開法はメスを使用するので、傷跡が残る可能性もゼロではありません。術後何日経っても腫れが引かないケースもありますし、化膿してしまう可能性もあります。一度切開法で二重にしてしまうと、もし形を変えたくても元の状態へ戻すことはできません。麻酔下での手術のため多少なりとも体に負担はかかりますし、施術時間も長く、埋没法よりも費用は高額になります。埋没法と切開法にはそれぞれメリットやデメリットがあり、どちらを用いて二重形成をするのかは医師との相談の結果によります。より安全な環境で手術を受けるため、リスクをしっかりと認識しておくことが大切です。医師の説明を納得できるまで聞き、任せてもいいと思えたのであれば施術を受ける準備を進めると良いでしょう。二重形成は美容整形手術の中でも比較的簡単な部類です。しかし体への施術である以上100%安全であるという保証はありません。それらをよく理解し、リスクを踏まえた上で手術を検討することが望ましと言えるのです。