二重をゲットして憧れのパッチリEYE〜なりたい自分へ変身〜

手軽な二重形成

指を指す女性

芸能人のようなパッチリとした二重に憧れる人は多く、そのほとんどは女性です。しかし市販のアイテムで二重をつくることができます。女性はメイクをすることでコンプレックスをカバーしたりと、美しさに関する意識が高いものです。はっきりとした二重は顔の印象を明るくしますし、メイクもよく映えます。そのためアイプチやアイテープなどで一時的ではありますが二重をつくる女性は少なくありません。使用を続ければ自然に二重になるケースもあるので、そういったアイテムが人気なのです。しかし、長い時間二重をキープする力はないので、汗などで一重に戻ってしまうこともあります。特殊なファイバーを使用して二重をつくる方法もあり、アイプチなどよりは耐久性に優れていますが、それでもやはり時間が経てば粘着力が弱まってきます。これらのアイテムはリーズナブルでありどこでも購入できるため、二重をつくるには便利な方法ではあるのですが、瞼が腫れたりキズになってしまったり、瞼の皮が伸びてより腫れぼったい一重になってしまうといったトラブルの例もあります。美容整形による二重形成はアイテムを使用するよりも費用がかかりますが、それでも一昔前に比べるとリーズナブルになっています。半永久的に二重を保つことが可能であるため、美容整形を利用する人はどんどん増えてきています。

目を二重にするための方法として美容整形による手術を受けることがありますが、その施術はなりたい二重や自身のパーツによって異なります。一般的な二重形成術と知られているのが埋没法と呼ばれる方法です。埋没法とは糸を使用して二重の線を固定する術法を指します。埋没法ではメスを使わず、しかも短時間で施術を終えることが可能であるため、比較的お手軽な整形手術です。糸を使用することで、もし形が気に入らなかった場合やり直しをすることも可能ですし、一重に戻りたい際にもすぐに糸を取り除くこともできます。二重形成の中でもよく利用される術法で、かかる費用も他の美容整形に比べるとかなり安いと言えます。一番の魅力は術後短期間でキズが目立たなくなり、メイクも可能になることにあります。吸収糸を使用すれば体に溶け込むので、抜糸の必要もありません。二重になるための整形手術はあといくつかの方法がありますが、埋没法は最もポピュラーで安全性の高い方法であると言えるのです。

憧れのぱっちり二重になるためには美容整形を受ける方法があり、その中でも多くの人に利用されている埋没法ですが、多くのメリットを持っている一方デメリットも存在します。糸のみを使用した埋没法は、稀に糸が解けてしまうことがあります。また、術法や瞼の状態によっては1年ほどで元の一重に戻ってしまう可能性が高く、半永久的に二重をキープする効果は必ずしも保証されるわけではありません。個人差はありますが、埋没法の効果が現れないケースもあります。リーズナブルでお手軽な方法ではあるのですが、その他の方法に比べると持続性が劣ってしまう傾向にあるのです。もし埋没法を適用しても一重に戻ってしまうようなことがあれば、切開法をすることを検討した方がいいケースもあります。それぞれの方法にはメリットやデメリットがあるので、まずは美容整形クリニックでのカウンセリングを受けて、自分に合う方法で二重を手に入れることが望ましいと言えます。